病院長挨拶

地域に寄り添い、最先端の獣医療を。

鹿児島大学共同獣医学部では、『地域貢献』と『国際化』というキーワードを、自らに課して活動を行っています。鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院も例外ではなく、地域の皆様に開かれた動物病院、また獣医師として国際的に活躍できる人材の育成を基本目標としています。

まず、地域貢献に関しては、近年増加する伴侶動物の診察において、地域市民の方々の動物に対して高度獣医療を提供すること、ならびに鹿児島地区を中心とした地域開業動物病院の先生方に対する二次診療施設としてのサービスを提供することで、地域社会のニーズに応えるという重要な責務を果たすことと考えています。また、本院は、他の獣医系大学の附属動物病院と比較してユニークな点として、牛を中心とした産業動物、さらに馬の診療施設を設置している点も挙げられます。犬や猫といった伴侶動物のみならず、牛や馬などの大動物の診療に関しても、地域の皆様と連携して貢献しています。

一方、大学の動物病院には教育病院としての機能を有することも求められています。残念ながら、我が国の獣医学教育は、必ずしも国際的に通用するものではなかった現状が、これまでにはありました。しかし、我々の共同獣医学部では、国際的に即戦力として活躍できる獣医師の育成を行うために、欧州の獣医学教育認証機構による認証を目指して改革を行ってきました。この改革には、動物病院の機能の拡張と充実が求められており、小動物診療センターの新営と大動物診療センターの改修を実施してきました。これらにより、前述の地域貢献を図りつつ、より充実した臨床獣医学に関する学部学生の教育が行えるようになり、今後、国際的に活躍できる獣医師が育っていくと考えています。

本院では、クライアントの皆様と十分な信頼関係を築いた上で、クオリティーの高い獣医療を提供することを念頭に、診療技術の向上を図れるよう心がけております。クライアントの皆様、地域の臨床獣医師の先生方には、今後ともご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年4月

 

集合写真

特徴と歴史

  1. 地域の中核の動物病院としての獣医療サービス
  2. 教育病院としての獣医師の教育(獣医学部の学生の学部教育、獣医師の卒後教育)
  3. 特定の病気を対象にした臨床試験の実施と新たな治療法の開発

 

附属動物病院の歴史

昭和16年8月 家畜病院設置(鹿児島高等農林学校獣医学科)
昭和24年4月 新制鹿児島大学発足。農学部附属家畜病院へ改組
平成17年4月 国立大学法人鹿児島大学農学部附属動物病院(改称)
平成19年4 診療科の新設
平成20年4 家畜人工授精所の開設
平成21年4 磁気共鳴断層撮影装置(MRI)の導入
平成24年4 共同獣医学部附属動物病院(名称変更)
平成29年5月 新病院開院
鹿児島大学
鹿児島大学 共同獣医学部
山口大学 共同獣医学部
山口大学 共同獣医学部