台湾からOIEへの狂犬病報告

 台湾の流行は海外からの侵入ではなく土着していた

その3 2014326日までの報告

その22013116日までの報告

その1201393日までの報告

 

発見日別の累積罹患数の推移2014/7/73例目までは717日の確定診断日。この図の他に遡及調査で2010年に2例、2012年に120131月、3月、5月、711に各1例が見つかっている

 

南投県

雲林県

台東県

台中市

台南市

59(+1)

20

191

49(+1)

21

高雄市

嘉義県

花蓮県

屏東県

14

11(+1)

9

10

384(+6)

遡及調査の発表以降、OIE発表と累計数が合わなくなっている。2012年以前の例は発生地が発表されていない。

台湾における狂犬病発生の推移2013/8/25現在)

 

病原体Lyssavirus RABVこの件の適用範囲:国内の限定地域

26/6/2014 経過報告71

7/7/2014 経過報告72(最終報告)

発生事例数:1

10/6:台東県長浜郷

発生事例数:2

10/6:花蓮県 富里郷、22/6:雲林県 古坑郷

罹患集団:死亡した1頭の野生中国イタチアナグマ

罹患集団:死亡した各1頭の野生中国イタチアナグマ

累計1、イタチアナグマ376頭、アジアジャコウネズミ1匹、計383

累計1、イタチアナグマ378頭、アジアジャコウネズミ1匹、計385

最終報告の疫学的注釈:国立動物衛生研究所は、花蓮県 と雲林県で見つかった2頭のイタチアナグマに直接蛍光抗体法によって狂犬病ウイルスを確認した。感染したイタチアナグマが見つかった地域において、イヌとネコと対象とする予防接種が地方当局によって精力的に行われている。モニタリングが進行中である。通知の指針およびOIE動物衛生情報部の示唆に基づいて、201471日以降の新たな症例は、6ヶ月毎に通知する予定とする。

適用している措置:検疫、スクリーニング、発生対策としての予防接種、罹患動物を治療しない

今後の報告:出来事は解決した。これ以上の報告はない。

訳注:最初の報告から1年経って、385例の陽性が確認され、今後もこのペースで新たな症例が見つかると予測される。このウイルスは台湾イタチアナグマの間で長年循環してきたという論文も発表されており、短期的な制御は困難とされ、狂犬病常在国として長期的に対応することを宣言したものである。野生動物における狂犬病ウイルス循環を断ち切ることは、欧米でも苦戦しているところであり、経口ワクチンの開発など腰を据えた戦略が今後発表されるであろう。

注目すべきことは、この1年間でイヌの感染は1例のみであり、ヒトの感染はなかったことである。野生動物からイヌへの感染を見事に制御している事実は、台湾当局および市民の功績である。イタチアナグマ以外の動物に対するこのウイルスの感染力や病原性を調べる動物実験は、一部の動物愛護団体の反対で実現していないが、このウイルスはアジアで流行しているその他の株とは異なるとされたことから、動物実験によって詳細を解明する必要性が高まっている。コウモリが持っているリッサウイルスのように、台湾イタチアナグマが持っているウイルスは種の壁を越えにくい性状なのかも知れない。

 

病原体Lyssavirus RABVこの件の適用範囲:国内の限定地域

12/6/2014 経過報告69

18/6/2014 経過報告70

発生事例数:2

28/5:台東県成功鎮28/5:屏東県牡丹郷

発生事例数:1

10/6:台東県成功鎮

罹患集団:死亡した各1頭の野生中国イタチアナグマ

罹患集団: 1頭の野生中国イタチアナグマを殺処分

累計1、イタチアナグマ374頭、アジアジャコウネズミ1匹、計381

累計1、イタチアナグマ375頭、アジアジャコウネズミ1匹、計382

 

病原体Lyssavirus RABVこの件の適用範囲:国内の限定地域

28/5/2014  経過報告67

4/6/2014 経過報告68

発生事例数:1

16/5:台南市龍崎

発生事例数:2

22/5:雲林県古坑郷、22/5:台東県達仁

罹患集団:死亡した1頭の野生中国イタチアナグマ

罹患集団:死亡した各1頭の野生中国イタチアナグマ

累計1、イタチアナグマ370頭、アジアジャコウネズミ1匹、計377

累計1、イタチアナグマ372頭、アジアジャコウネズミ1匹、計379

 

病原体Lyssavirus RABVこの件の適用範囲:国内の限定地域

14/5/2014 経過報告65

21/5/2014 経過報告66

発生事例数:2

29/4:台東県海端郷、6/5南投県中寮郷

発生事例数:5

25/4台中市和平区3/5南投県信義郷6/5南投県竹山郷9/5:台東県東河郷、13/5:台東県成功鎮

罹患集団:死亡した各1頭の野生中国イタチアナグマ

罹患集団:死亡した4頭と殺処分した1頭の野生中国イタチアナグマ

累計1、イタチアナグマ364頭、アジアジャコウネズミ1匹、計371

累計1、イタチアナグマ369頭、アジアジャコウネズミ1匹、計376

 

病原体Lyssavirus RABVこの件の適用範囲:国内の限定地域

30/4/2014 経過報告63

7/5/2014 経過報告64

発生事例数:5

12/4:南投県鹿谷庄、14/4:台中市太平区、14/4:雲林県古坑郷、14/4:台東県達仁郷、15/4台東県成功鎮

発生事例数:5

23/4:南投県信義郷、24/4台東県成功鎮24/4:台中市新社区、25/4:台中市東勢区、29/4:台中市和平区

罹患集団:死亡した各1頭の野生中国イタチアナグマ

罹患集団:死亡した各1頭の野生中国イタチアナグマ

累計1、イタチアナグマ357頭、アジアジャコウネズミ1匹、計364

累計1、イタチアナグマ362頭、アジアジャコウネズミ1匹、計369

 

病原体Lyssavirus RABVこの件の適用範囲:国内の限定地域

17/4/2014 経過報告61

23/4/2014 経過報告62

発生事例数:5

1/4:雲林県古坑郷、3/4:台東県海端郷、5/4:台南市東山区、5/4:台東県東海8/4:南投県竹山鎮

発生事例数:3

14/4台東県成功鎮14/4台東県海端郷14/4台東県成功鎮

罹患集団:死亡した4頭と殺処分した1頭の野生中国イタチアナグマ

罹患集団:死亡した各1頭の野生中国イタチアナグマ

累計1、イタチアナグマ349頭、アジアジャコウネズミ1匹、計356

累計1、イタチアナグマ352頭、アジアジャコウネズミ1匹、計359

 

病原体Lyssavirus RABVこの件の適用範囲:国内の限定地域

3/4/2014 経過報告59

10/4/2014 経過報告60

発生事例数:4

25/3:台東県東海26/3:屏東県獅子郷、27/3:台東県成功鎮、30/3:台東県成功鎮

発生事例数:1

31/3:花蓮県玉里鎮

罹患集団:死亡した各1頭の野生中国イタチアナグマ

罹患集団:死亡した各1頭の野生中国イタチアナグマ

累計1、イタチアナグマ343頭、アジアジャコウネズミ1匹、計350

累計1、イタチアナグマ344頭、アジアジャコウネズミ1匹、計351