1. トップ
  2. 共同獣医学部長 挨拶

共同獣医学部長 挨拶

共同獣医学部へようこそ

 鹿児島大学・共同獣医学部は鹿児島大学の9番目の学部になって既に6年が経ち、今年初めての卒業生を出しました。現在、私たちの学部に課せられたミッションは大きく2つあります。一つは地域貢献、そしてもう一つは国際化です。相反する言葉のようですが、この2つのミッションを私達は同時に果たすため、既に幾つかのプログラムに取り組んでおります。
 日本で獣医学教育を行える国立大学は全国に10しかなく、鹿児島大学はその最も南に位置しています。しかしながら獣医学教育を行うのには最も適した環境にあります。鹿児島市には60万の人口があり、他の都市とのアクセスも大変恵まれ、多くの伴侶動物(イヌやネコ等)が飼育されています。また鹿児島市の周りには日本有数の畜産地帯が広がり、肉用牛、豚、鶏は日本一の農業産出額(農林水産省、平成27年12月公表)でした。馬も鹿児島は軽種(競走)馬の主要な生産拠点であり、また食用としての消費の多い熊本県とも隣接しています。それだけではありません。鹿児島県は南北600kmと温帯から亜熱帯気候を有し、多くの島嶼を持つため、そこに暮す希少野生動物の保護および保全、また野生動物の被害から住民の生活を守る取り組みにも獣医師の協力が求められてきました。屋久島は既に世界自然遺産に登録(1993年)されておりますが、奄美大島および徳之島は、沖縄島北部および西表島と共に世界自然遺産登録候補地として2013年に選定されました。冬にはシベリアより出水平野に飛来するツルの保全とトリインフルエンザの感染防止に鹿児島大学は協力しています。その他、食肉の安全確保や人畜共通伝染病への感染防御にも獣医師は大きな役割を担っています。
 もう一つの大きなミッションは国際化です。現在、鹿児島大学は、北海道大学、帯広畜産大学、山口大学と共にEAEVEというヨーロッパの教育水準の認証を目指して獣医学教育の改善を進めているところです。既に、山口大学の共同獣医学部の学生さん達と同時に授業を受ける遠隔講義システムは常時機能しています。2016年にはアメリカのAAALACインターナショナルと呼ばれる実験動物に関する認証を目指して総合動物実験施設を完成させました。同じ年伴侶動物の動物病院を新設し、また産業動物の新たな診療体制を発足させました。これらを通して参加型臨床実習を充実させる予定です。
 このように大学を取り巻く環境は刻々と変わり続けています。私達は鹿児島の地の利をしっかりと受け止めて活用し、鹿児島大学で教育を受け育った卒業生が、獣医師として地域および国際的に活躍出来る様、最大限の努力を行います。そのためにも、どうぞ皆様方の温かい御支援および御協力を宜しくお願い申し上げます。

共同獣医学部長 宮本 篤 2018年4月1日
望月HP暫定写真


Welcome to Joint Faculty of Veterinary Medicine

It has been six years since the Joint Faculty of Veterinary Medicine became an official ninth faculty of Kagoshima University and the first students graduated this year.

Our two major missions are to contribute to local communities and to work towards globalization. We have developed a strategic plan to realize these missions and have already implemented some programs intended to achieve our goals. Kagoshima University is one of only ten national universities in the southernmost place in Japan providing education in veterinary medicine. Kagoshima is blessed by wonderful natural surroundings. The population of this area is 600 thousand and there are a lot of companion animals (dogs and cats) available for the education and training. Kagoshima is also Japan’s largest producer of cattle, swine and poultry (reported by the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, December 2015) and is the main base for rearing thoroughbred racing horses. Consequently, we can provide a wealth of educational resources for students.

Furthermore, Kagoshima has a subtropical climate, and the prefecture consists of many islands. This requires veterinarians to cooperate in the preservation of rare species, as well as the prevention of disrupting to people’s daily lives by wild animals. We have also taken a leading role in preventing of avian flues and in conserving cranes migrating from Siberia to Izumi city in the north of Kagoshima Prefecture.

We have been aiming to meet the European educational standard and to be certificated by EAEVE (the European Association of Establishments for Veterinary Education) in collaboration with Hokkaido University, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine and Yamaguchi University. A simultaneously streamed class using a video conference system is already in use, allowing students from Kagoshima University and Yamaguchi University to have classes at the same time.

We built the Experimental Animal Center and a new veterinary teaching hospital for the companion animals in 2016, one of which was authenticated by AAALAC International (the American Association for Accreditation of Laboratory Animal Care) relating to experimental animals in 2017. This has allowed us to continue to provide enriching higher education in a safe and satisfactory environment.

The environment surrounding universities has been changing year to year, however our mission remains unchanged – to develop talented veterinarians that can contribute not only to their local communities, but the global stage. I appreciate your continued support and cooperation in this endeavor.

Atsushi Miyamoto, Dean 2018 1st April